僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア193話ネタバレ「デクの夢とオールフォーワン」

投稿日:8月 6, 2018 更新日:

僕のヒーローアカデミア193話のネタバレです。夢の中でオールフォーワンの行動を見る緑谷出久ことデク、彼は一体何を見ているのか。明らかになります。

 

僕のヒーローアカデミア193話

鼻から下が存在しない状態のデク。しゃべることはできませんが、右手は何とか機能しているようです。しかし足もなく、その場から動く事もできません。

オールフォーワンの奥にも二人いることは分かりますが、遠くてはっきりを姿を確認することはできません。

どうやらオールフォーワンと彼の弟が向かい合っている状況を見つめているようです。

「1人が力を培い、その力を一人へ渡し、また培い次へ。そうして救いを求める声と義勇の声が紡いできた力の結晶!」

「7人・・僕を含めて8人。歴代のワンフォーオール継承者・・・僕は9代目で残る一人は・・・」デクが回想します。

スポンサーリンク



僕は歩み寄っているのに、寛容である事はお前の優しさに含まれていないのか?

オールフォーワンが弟に語り掛けます。そしてこの弟こそ初代のワンフォーオール。弟は「今世界が混乱の中にある。異能は私利私欲に使うべきじゃない」

そう諭しますが、全く理解してもらえません。それどころかオールフォーワンは先ほどデクが気配を感じた二人を目の前に召喚します。

この男はアゴが変容し牙が生え変わり続ける男。内気だが老いた両親の世話を欠かさない優しい男。しかし怪物だ病気だと迫害され、両親からも迫害されてしまった悲しい過去があります。

このハゲたおっさんは異能と持たない男。ある日異能の集団に襲われます。その際スタンガンと持っていたのですが、無効化され、触手状の毛髪に体の自由を奪われた過去があります。

てっきり毛髪を奪われたと勘違いしてしまいましたw

デクは戻れなくなるぞ!と止めますが、彼らは意志が固く、オールフォーワンは彼らの間で個性を移動させます。

「今度僕が困ったら助けてくれるかい?」二人に聞くと「勿論だ!この恩は一生忘れない!」そう言い忠誠を誓わせます。

これを見た弟は「小間使いを増やしただけだろう!心の隙につけ入る事の何が秩序だ!!」そういい向かっていきますが・・・

「彼を侮辱することは許さない」

オールフォーワンの用心棒に押さえつけられる弟。

「かわいそうに。異能を持たず生まれてきたばかりに、力が無ければ通せる通りも無い。」「それでも僕はお前を愛しているよ哀れな弟・・・唯一の家族」

オールフォーワンは声をかけます。

突如として人間の規格が崩れ去った混沌の時代にあって、いち早く人々をまとめ上げた人物オールフォーワン。

「人の形を失ったこの世界。僕の力なら秩序をもたらせる。エゴを通そうと必死なのはどちらだろう。」弟にそう言います。

僕に協力してくれるなら、力無き者に選択を、罪には容赦を、望むものを与えよう。僕に協力してくれるなら!!

オールフォーワンはそうやって人々を束ねてきました。僕に逆らう連中がいた、とても危険な存在だったが彼らは殺された。僕は何も命じていないのに、僕を慕う多くの友人が、僕のために行動に移した。

あの日お前と読んだコミックの世界だ。

そう語ると、弟は「あんたは3巻までしか読んでいない!続きがあるんだ。悪者は必ず最後に負けるんだ!!」

そう言い返します。

軽く論破されて、ちょっとおこ状態になった兄さん。やせ細ったお前にも使いやすい異能を見つけた。共に行こう。弟にアイアンクローでをして苦しませるオールフォーワン。

ここでデクの夢は覚めていくのですが、その際でオールフォーワンの弟がデクに話しかけてく来ます。「君が9人目だね・・そこに意思は介在せず、双方干渉できる類のものじゃない」

「気を付けて、特異点はとうに過ぎている。でも大丈夫。」

オールマイトの話と違う事に気付くデク。

「君は一人じゃない」オールフォーワンの弟は最後にその言葉を残します。

目を覚ますときの音で、青山優雅も心配になって様子を見に来ます。目がかわいいw でもスパイ説あるんですよね。

汗だくでベッドに座り込む。デク。初代との邂逅、異変がデクにもたらすものは何なのか。オールマイトの話とは違う展開も夢の中では起こりました。194話に続きます!










-僕のヒーローアカデミア

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.