僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア201-202話ネタバレと考察「第二試合決着!」

投稿日:10月 6, 2018 更新日:

僕のヒーローアカデミア201話ネタバレと考察です。

前回200話では、常闇の反撃に対し小森希乃子がきのこ無双でA組をかく乱します。吹出漫画の個性とも相性が良く追い詰められるA組チーム。更に隔離されてしまった八百万と拳藤一佳が激突。拳藤一佳の能力は拳が大きくなるというシンプルな能力でタイマンに強く八百万は劣勢になりますが、そこから反撃を開始します。

 

僕のヒーローアカデミア201話

拳藤一佳の圧力に押された八百万百でしたが、轟曰く劣勢になった時こそ彼女が力を発揮するとの言葉通り、個性によって大砲を製造!

「時間が掛かりますの。大きなものを創るのは!」いつの間にかこんなものまで作れるようになっていました。拳藤一佳に大砲を向けると、観戦席から「そんなん死んじまうぜ!!」と声が飛びます。

さすがの拳藤も「ちょっと・・」「いやハッタリでしょ」と冷や汗タラタラ

とここで八百万は大砲を拳藤一佳ではなく別の方向に向け何かを発射します。対する拳藤一佳は八百万に「双大拳」という必殺技をたたき込み八百万はここでジ・エンド。

「貴方の得意分野に持ち込まれた時点で私は恐らく叶わない。けれど・・・」A組の他の生徒に何かを託したようです。その様子に気付いた拳藤一佳ですが、成すすべはなくその場に留まります。

スポンサーリンク



青山を捉え移動する黒色支配を追いかける常闇君。スピードでは常闇のほうが上なんでしょうが、キノコと擬音攻撃に邪魔され追いつく事ができません。

敵のチームワークに常闇も「八百万も分断されてしまった。姿を隠し真綿で締めるような攻撃を仕掛ける包囲陣。強いな・・!強くて厭らしい!」と苦戦を感じている様子です。

かわいいw

吹出漫画君は「ちょっとのど痛くなってきたぞ」と言っていたので、てっきりインクかと思っていたんですが、擬音攻撃には声帯という上限があるようです。

常闇は一人奮闘しますが、青山君と葉隠ちゃんというイマイチ頼りにならない生徒もいてB組にいいようにやられてしまいます。

しかしそこへ・・!

八百万の大砲の音を察した常闇が落下点に向かい八百万のラッキーバッグを入手します。さすが女の子、ロゴ入りですw

ここで先ほどの八百万のセリフの続き「けれど・・・私たちは勝てるように!!」

自分は拳藤一佳にやられる事を覚悟した八百万ですが、チームの勝利のためラッキーバッグに秘密のアイテムを入れて打ち上げていました。

wwww

あんだけオラついていた黒色支配ですが、小森希乃子の前ではただの陰キャラです。しかし小森希乃子の誉め言葉に喜んでいる様子。小森希乃子はいいキャラしてますね。

「向こうは私たちの場所分かってないから、このままみんなでキノコ攻め!」とリードする小森希乃子に「お・・おう」と答える黒色支配。

しかし黒色がここで、常闇の迷いのない動きに気付きます。「なぁ小森、場所分かってない?こっちに向かってきてるぞ!?」

かっこいい!!

サーモグラフゴーグル!!こちらを伺う様が分かりやすく視える!!深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ!!

八百万からのラッキーバッグにはこのゴーグルが入っており、デザイン的に常闇用とすぐにわかるよう配慮されていました。しかも道具はそれだけでなく、きのこ対策にエタノールと減菌スプレーも同梱されていました。

「言葉はなくとも・・意図を伝達!」さすがの八百万の知能です。

吹出漫画は小森達の方を見て「オイオイ常闇が真っ直ぐギュンギュンだぜ」と困惑していますが、何と吹出には背後から葉隠れちゃんが接近!!

「ホークス曰く、疾さは力に勝るという」スピードに絶対の自信を持つ常闇は、居所さえ分かればこちらの間合い、逃れ潜むことすら許されぬ疾風怒濤!とかっこいいセリフを吐き、小森と黒色に対し、「深淵暗躯(ブラックアンク)夜宴(サバト)」を使いその場を制圧します。

尻尾で二人を捕獲する常闇フミカゲですが、異変が・・・

小森希乃子が封印していた、「肺攻めスエヒロダケ」によって何と気管にきのこが・・・怖すぎるぞ小森希乃子!

本来であれば小森と黒色を気絶させていたのかもしれませんが、訓練ということで捕獲したのが仇となってしまいました。

wwww

葉隠ちゃんと吹出漫画君のほっこりバトルです。

「早く吹出くんやっつけて皆のサポートに行かなきゃ!常闇君もヤオモモちゃんの方も気になるし・・!」葉隠ちゃんも懸命に戦います。

吹出に対し優勢に戦ってはいましたが、拳藤一佳の介入により万事休す。逆にサポートに入られてしまいました。

それぞれA組の生徒を捕獲するB組ですが、拳藤一佳には何か大きなものがくっ付いています。

八百万百です。

彼女は拳藤一佳に気絶させながらも、A組のためのアイテムを創造し打ち上げただけでなく、拳藤一佳に絡みつき機動力を封じていたのです。八百万のこの機転に対し「創造するもの全部先を見据えてて、勝った気がしないな。」と拳藤一佳も感心しきり。

八百万との恋フラグも立っていると言われる轟は「・・また弱気になんねぇといいが・・」とかつての八百万を思い出して心配します。

B組の勝利に終わりましたが、「八百万は良いリーダーになれそうだね」とミッドナイトの誉め言葉で201話は終了。202話に続きます!

 

202話の展望

やはり第二試合はB組の勝利となりました。

次の3戦目は轟、4戦目に爆豪勝己という強キャラがいるのでそこはA組が勝利して、最後の5戦目はデクが心操君にしてやられて敗北、課題を見つける展開になるのかなと予想しています。

ところでこの2戦目ですが青山君が全くいいとこ無しだったのが気になりましたw

葉隠ちゃんですらポコポコ殴り合って見所があったのに青山君は何をしていたんでしょうか。X-MENだとビーム能力は結構強いので何とか頑張って欲しいです。次の202話は轟君の活躍に期待したいと思います。

 










-僕のヒーローアカデミア

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.