ハンターハンター ネタバレ

ハンターハンター380話ネタバレと考察『イルミとミザイストムの接触』

投稿日:6月 24, 2018 更新日:

ハンターハンター380話のネタバレと考察です。

トイレ殺人事件はじめ船内で起きている事件についての会議のシーンから

冒頭から物凄い文字数ですが頑張って読みました。

 

ハンターハンター380話

ミザイストムの説明シーンからです。非常に長いセリフですが、ざっくりいうと、トイレ殺人事件な船内での事件に関して、プロファイリングを行い、犯人像をある程度特定しようとしているようです。

国王継承戦を巡っての、複数の単独犯の犯行であると予測しています。

さすがクラピカと並んでハンターハンターの知性派ミザイストム。説得力があります。

しかし会議室にいるお偉いさんたちは、ミザイストムに王子の誰かが犯人とはふざけたことを言うなと、老害ぶりを発揮します。

スポンサーリンク



老害たちは王子を妄信

王子が一般客を殺す理由があるわけないだろと、ツッコマれるミザイストム

「最後まで話を聞いて頂きたい」

ミザイストムは王子が犯人と言っているわけではない、この船で起きている一連の殺人事件は直接命令を下している依頼殺人ではなく、忖度殺人であると言います。

(つまり王子の意図をくみ取った部下が自発的に行動するって事ですね)

そして本題は、船内での犯行はこれからも起き続け、臨界点を超えたときにこの船は沈む点にあると、ミザイストムは危惧します。

20万人の恐怖や疑心暗鬼が巻き起こした暴動に船が堪えられないというのです。

そうなると、一部能力者以外はそうすると助かる道がなさそうですね。

老害老人たちは、信じられないといった表情で疑いますが、ミザイストムは具体的、論理的にその理由について言及します。

 

ミザイストムの説得

船内にいる国王軍、護衛は2000人、警護一人に対し一般人100人だが、実情は違い、護衛のほとんどが富裕層にあてられているため、4.5層など一般客がいる区域は、300人で一人とう状況になってしまっており、さすがにそれでは兵士は無力であるという計算です。

徐々にお偉いさんたちの顔色が変わり、事態を飲み込み始めます。

防衛策として、継承戦の中止が最も有効だが、現実的ではなく、国王軍の再編成、3層以下の貧乏人いる区域への兵士の増員をミザイストムは提案

しかしそれを全力で反対するお偉いさんたちですが、第一王子なら理解するはず、逆にこれを報告しなければあなたたちの責任だど!、老害たちを強気の姿勢で脅します。

会議終了後のミザイストムは説得に成功した者の、嘘をついたことでうなだれている様子。

念能力について、会議で説明することができないため、苦肉の策として一般人の暴動説で騙し通しました。

クラピカがいればもっと慰めてくれたんでしょうか

破滅への導火線は想像以上に短い、できる限り多くの人間を非難させようと二人はシリアスなトーンで話します。

スポンサーリンク



旅団とマフィアは結託

フィンクスら旅団員たちとマフィア連中は一時共闘。

監視カメラを確認すると、マフィアに追われている男は、この部屋のある扉を開けようとしたものの失敗し、逃走したようです。どうやらその扉の奥に、マフィアにとって重要な何かがるようです。

ノグナガがその扉をじっと見つめると、扉の奥を見たいか?とマフィアが尋ねます。

「見たい。タダでとは言わねぇ。組員殺しの首と交換でどう?」

みたいな事を提案

マフィアが快諾し、旅団員とマフィアの交渉が成立。マフィアの射程が旅団員にシャ一家の人数構成などを説明します。

 

旅団は有名

旅団としゃべり、感激するマフィア一家の舎弟頭ツドンケ

サインまで欲しいな~と頭の中で呟きつつも、タメ口でなんとか体裁を保ち旅団に説明を続けます。かなり旅団への憧れがあるようです。まさかの旅団入り・・・と思ったんですが顔が不細工なので難しいかもしれません。

船内のアナウンスで、ぐいに警報が。凶器をもった密航者が逃走したため軍の指示があるまで部屋にじっとして下さいと緊張を強めます。

船内の兵士に怪しまれるイルミとカルト

フリーパスのIDチケットを見せるのですが、戒厳令により2層と3層を往来できなくなるので、上層へ戻ってくださいと兵士が頼みますが、イルミは断り、仕事のためと下層に残ります。

そこにミザイストムを駆け付けます。

 

ミザイストムも旅団を警戒

拘束はしないが、下層の3層に残る条件として、船内の警察署内に居住してくれと頼むと、イルミは快諾。

残念ながらシャワーは共用。警察関係者もあまり生活環境は良くないようです。

ミザイストムはゾルディック家と旅団がいることを知り、クラピカに伝えるか否か迷います

悩めるミザイストムの所に慌てて駆け付ける兵士、ミザイストムがついていくと何とそこには第11王子のフウゲツ王子が・・・

フウゲツ王子は異空間移動のような能力を発動しましたが、全く制御できていない様子だったので、恐らく間違って下層に来てしまったのでしょう。

次回381話はどう展開するのでしょうか。ここで再び休載とのことなので、連載再開まで過去のハンターハンターを振り返っていきます。










-ハンターハンター, ネタバレ

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.