ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ169話ネタバレと考察「アシリパの父を知る囚人」

投稿日:8月 9, 2018 更新日:

ゴールデンカムイ169話ネタバレと考察です。

前回168話では、遭難した杉元佐一と谷垣らが、光の方角に進み月島軍曹らのいる小屋に到着。そこに住むロシア人夫妻の美味しい手料理もご馳走になり一気に体力回復。助けてもらったお礼に、消えたロシア人夫妻の娘「スヴェトラーナ」の捜索も約束する優しい杉元。元気になったところで目的地に向け出発します。

 

ゴールデンカムイ169話

集落でアシリパを知らないか聞いて回る杉元佐一。律儀にスヴェトラーナの事も尋ねますが、地元の子供たちはどちらも分からない様子。

杉元佐一一同のいる場所は、国境のちょい手前のここ。新問付近にある樺太アイヌ。国境まではあと140キロ地点です。

するとその集落で「メコオヤシ」という、樺太アイヌに伝わる昔話に出てくる猫の化け物が出たという話を耳にします。

集落の子供はチカハシに

「浜に荷物全部置いて仕事してたらメコオヤジが追いかけてきたの。」

「舟にのって逃げたら浜にいっぱいメコオヤシ出てきて、こっち睨んで皆で鳴いてたって」

と伝えます。赤と白のブチ模様もそうですが、群れ出てるところもかなり恐ろしそうです。

スポンサーリンク




メコオヤシについて月島は「オオヤマネコだな・・」とあたりを付けますが、鯉登は「尾形百之助じゃないのか?いよいよ奴らに追いついたか」と山猫を尾形に例えます。

根拠を杉元が尋ねると

「山猫の子供は山猫。」

山猫は『芸者』を指す隠語らしく、母が芸者の尾形を揶揄する師団の一部の連中が言っていた軽口。尾形はあのマイペースな性格ですから嫌っていた人も少なくなく、(鯉登も大嫌い発言)そのように陰口を言われていたようです。

人を化かす、インチキという山猫という言葉にピッタリではないか尾形百之助は、という鯉登の言葉を、神妙な面持ちで聞く杉元。

 

メコオヤシが出てくる樺太アイヌの昔話に教訓があるとすれば、「泥棒猫は撃ち殺せ」そう口にする鯉登。尾形百之助は杉元達に殺されてしまうのでしょうか。そういえば尾形たちは誰か死人が出ると不吉な占いをされていました。

更にこの場面、チカパシは別の場所でメコオヤシの話を原住民に聞いているのですが、メコオヤシから逃げた人間が遭遇した場所に戻ると、置いて行った荷物が全部無くなっていた事を聞きます。

そしてメコオヤシは全部食べたかもしれないけど、タバコ入れはくさいから食べないとも・・・匂いを嫌うところまで尾形と同じです。

場面かわってアシリパ一同。

獣の足跡を発見。

アシリパがメコに似てるけど大きすぎると言うと、その足跡は「オオヤマネコのものだ」とキロランケが分析。どうやらメコオヤシのようです。アシリパも父から聞いていた話だったのでテンションが上がります。

(ちなみにメコとは猫のこと。寒さで死ぬるものという意味らしいです。犬と違って猫って寒がりですもんね。)

味を気にするアシリパちゃん。アクが多くて美味しくはないとキロランケ。アシリパの父もマズそうな顔をしていたことを伝えます。

「ネコお化け美味しくなかったか。それも初めて聞くアチャの話だ」父の知らない話をしてくれるキロランケは、昔のウイルク(アシリパパパ)をよく知る人物の存在のことも話し、その人に会いたくないからアシリパに尋ねます。

アシリパがその人はどこにいるのか聞くと

国境の先、アレクサンドロフスク・サハリンスキー、通称「亜港」にある亜港監獄に収監されているようです。

拷問される男。ビシィ!ビシィ!でも何だかリアクションが少ないぞ。毎日こんなことされてるんでしょうか。もしかすると日々の拷問で精神が壊れているのかもと思ったのですが

「ハラショー!もうおしまいかい?」と全然平気な様子でした。

なんとこの方、キロランケやアシリパ父たちが行った「皇帝暗殺の首謀者」と驚きの事実をキロランケは告げます。本来なら処刑案件ですが、証拠がないため幽閉されているとのこと。

これがその人物。なんと女性ですww

おっぱいモロだし刺激が強すぎてここでは全て写すことができません。興味ある方は誌面でご確認ください。豊満な肉体をお持ちでした。ちなみに私は1度で満足だったのでもう見る事はないと思います。

その名も「ソフィア・ゴールデンハンド」かっこよすぎる。天空城ラピュタに出てきたおばさんボスみたいな雰囲気です。

活動資金のため犯罪を繰り返す義賊で、法廷でつけられた「金の手」という愛称で呼ばれているようで、このソフィアはキロランケも知らないウイルクの情報を知っているとアシリパに伝えます。

尾形はオオヤマネコを発見。目が合います。気付いているのは尾形だけの様子。芸者という隠語のことや自分への軽口でもあり泥棒という意味もある山猫を見て、尾形百之助は何を思うのでしょうか。

アシリパに「何かいたのか?」と言われるも無言でその場を後にする尾形。尾形百之助はどうなってしまうのか、そしてアシリパは美しい女性ソフィアに会う事ができるのか。169話はここまで。170話に続きます!










-ゴールデンカムイ

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.