ネタバレ ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ176-177話ネタバレと考察「土方歳三は神」

投稿日:10月 18, 2018 更新日:

ゴールデンカムイ176話ネタバレと考察です。

前回175話では、棺の中で毒により気絶していたはずの土方歳三が、何と薬屋だったころの知識を活用して毒で毒を相殺し復活!門倉との約束を破ろうとしていた関谷に一太刀!!完全に形勢は逆転しました。

 

ゴールデンカムイ 176話

フグ毒とトリカブトは拮抗作用がありお互いの毒作用と抑え合うと先週説明がありました。関谷は他にもヒ素やストリキニーネもあったのに土方がトリカブトを選んだ運命力に驚愕。

土方はどうせ死ぬなら一か八か生きる方に賭けたまで、度胸と経験が運命を引き寄せたとかっこ良すぎる一言。もしかしたら棺の中にいるときからこの決め台詞を考えていたのかもしれません。

 

土方こそ神か

一連の奇跡に、致命傷を負いながらも笑みを浮かべ関谷は絶命します。

関谷は一緒に歩く娘に雷がおちて亡くなったトラウマがあり、それを神の罰であると考え妙な信仰心が生まれたと門倉は分析。

(先週死にかけていた門倉ですが。苦しむのが嫌で追加で毒を飲んだらたまたま拮抗作用のある毒を飲んでピンピンしていました。この人もある意味不死身かもしれません。)

雷は普通高い方に落ちるので、関谷より背が低いであろう娘に雷が落ちたのは何かの運命だったんですかね。門倉から関谷の過去について聞かされた土方ですが、神の事は良く分からん、現世にしか興味がないと一蹴!

門倉や何人かの部下にとっては土方こそ神のような存在に映っているかもしれません。

スポンサーリンク



イジメは終了

同じ村の少年たちにイジめられていたチヨタロウ

めちゃくちゃ怖い顔で3人のいじめっ子達を睨むと、牛山にシバかれたこともあり3人は震えあがっていました。きっとこの先チヨタロウがイジメられることはもうないでしょう。

何たって牛山を湖の中に誘導して殺したと思っているので、肝の座り方が以前と違います。何だったらイジめ返すかもしれません。

ありがとうオベンチョ(牛山のあだ名)と別れを告げますが、その真後ろを牛山は歩いていましたwつかの間の友情でしたが、チヨタロウを変えるいいきっかけになりましたね。

そしてチヨタロウと卑猥な形をした桃の乾物のコマで土方捜索パートは終了ですw(永倉さんはまさかの出かけたっきり!!まあ無事でしょう

 

杉元佐一ご一行

現在は大きく分けて土方歳三、アシリパ、鶴見中尉、そしてこの杉本佐一たちのグループに分かれています。

杉元らはアシリパを追って移動中。

ついこの前全く違う女の子にアシリパと呼びかけたり気性が荒くなったりと、アシリパによって中和されていたのか、杉元の狂暴性が徐々に隠し切れなくなってきたので、一刻も早くアシリパと再会して欲しいものです。

アシリパの手がかりをつかみ久しぶりに笑みを浮かべる杉元。もうじき会う事ができるでしょうか。あったときは抱き合って再会を喜んで欲しいですね。

 

キロランケのターン

ソフィア脱獄計画を進めているキロランケ一同

看守の目を盗んで牛乳文通を続けています。史実でも行われていたらしく、牛乳はパンで作ったインク壺の中に入れて、看守が来たら口に入れて証拠隠滅していたそうな。牛乳の万能性に感動です。

白石が抜け穴から、刑務所に通じている男に脱獄に必要な道具を受け渡すなど順調に進んでいますが、アシリパはソフィアとその仲間たちを逃がし金塊を見つけることがアイヌのためになるのか、迷いを感じている様子です。

ただアシリパは父の話を聞くという個人的な目的もあるので、迷いがありつつもソフィアを助ける意志は揺らがないと思います。

白石から届けられた逃亡時の変装セットを見てテンションが上がった様子のソフィアさん。帽子被ったらどんなビジュアルになるのでしょうか。今から楽しみです。176話はここまで。177話に続きます!

 

177話の展望

アシリパ達は後ろから杉元たちも追ってきていますので、ソフィア救出作戦のさ中に合流してしまうかもしれません。

あと気になるのはキロランケが紹介される直前のコマで意味深な木彫りの人形が紹介されていたんですが、キロランケの何かを暗喩した人形だと思います。犬かネズミかクズリ(イタチ)か杉元達が言い合っていましたが、その動物の性質とキロランケに何か共通項がありそうです。

そしてソフィアの暴れっぷりにも期待しています。










-ネタバレ, ゴールデンカムイ

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.