喧嘩稼業 ネタバレ トーナメント考察

喧嘩稼業91話ネタバレと考察 「芝原に血を吹きかける上杉」

投稿日:6月 17, 2018 更新日:

喧嘩稼業91話のネタバレ含みます。

冒頭は移動しながらスマホで上杉対芝原を視聴する佐藤十兵衛。田島の試合動画も過去にパソコンで入手するなどさすが現代っ子という感じですが、画面は小さくないんでしょうか。芝原なんかはガラケーでしょうね。

そしてホテルの入江文学の部屋にもどり、モニターで文学と仲良く観戦

思いのほか文学元気そうです。というか何の説明もなく当たり前のように部屋に文学が座っていますw

そして佐藤十兵衛も読者と同じく芝原優勢と分析しているようです。

 

やはり芝原の顔面踏みつけだったが

90話先週号はドグゥ、という音で終わり少し思わせぶりでした。

もしかしたら上杉の反撃では?との描写でもあったと思うのですが、やはり芝原の攻撃でした。

ただしその踏みつけを上杉はギリギリでかわします。

なんと両足をロープに引っ掛け、足の力で体を引っ張るという忍術っぽい動きで、芝原の足刀に空を切らせたのです。上杉の機敏な動きにより芝原の足刀はリングにあたり、その時の音がドグゥッでした

金的の被害者にならなくて良かったです。

芝原の足の運びが見えないせいで、反応が遅れると考えた上杉は狙いを変え分かりやすい急所ではなく、まずは袴を履いて動きを幻惑している足に狙いを定めます。

そして狙い通りに芝原の袴の裾を持ち立ち上がり、その鉄拳を振りかぶる上杉。ただ動きにくいだけに見えた芝原の袴姿ですが、機能的な目的もあったんですね。

 

芝原のフェイント

打撃の距離になり、上杉が正拳を繰り出すのですが、芝原はズオっと逆に上杉に接近。

明らかにヒットするかに思われた正拳が芝原の体に吸い込まれ空を切ります。

セコンドの橋口は芝原の打撃を軽くみていますが、上杉は芝原の右ボディを食らい割と効いてしまっています。完全に防戦一方の上杉。誰が予想したでしょうか。

ボディを効かされ芝原から一旦距離をとる上杉。

足を破壊すると段々と本性を現し、暴力的な表現になっていく上杉が恐ろしいものの現在はまだ芝原のペースで戦いは進みます。これまでは負ける方が最初にペースを掴むことが多かったですが、喧嘩稼業はうまくその辺の予想を裏切ってくるので読者も幻惑されていることでしょう。

 

里見の分析タイム

ここでタマケンさんこと里見の解説タイム

踏み込みが浅く正拳突きがヒットしなかっただけのようにも見えましたが、実はそこには芝原の技術がありました。

距離を詰めているように見せて、同時に肩を引くという「距離感を騙す動作」をしたため、パンチが空を切ったようです。

『片目を潰さなくても距離感を騙せる』

そのような事をタマケンが呟いていたので、もしかするとこれは今後タマケンが使うフラグかもしれません。

特に田島の片目を潰すとも言っていたので、片目を潰せば確実に勝てる算段があった里見が、田島の片目を潰さなくてもかまわないという考えになり、襲撃作戦がなくなるフラグとなるかも。

スポンサーリンク



芝原は全員潰す

上杉が足を壊すと考えている間、芝原は全く違う事を考えていました。

「一日で全員潰す」

上杉だけでなく、金隆山や関、田島をも戦いながら見据えています。

目の前の敵に集中している上杉と、かなり先の事まで考えている芝原という対照的な思考のようです。

これは芝原が病気であることも関係しているかもしれません。

「仏になる前に神の高さにまで昇る」

神なのか仏なのかどっちなんでしょうか。

とにかく自分の強さに絶対的な自信があるようです。

 

また打撃戦

また芝原から仕掛けます。

アバラを警戒する上杉ですが、フェイントで顔面を追い突きで狙う芝原。

寸前のところで上杉はかわし、何と血を芝原の目に吹きかけます。

もはや空手でもなんでもないですが効果的です

 

上杉均はプロレス好きだったんでしょうか

芝原もゴーグルをしておくべきだったかも

しかし芝原は上杉の血を事前に意識しており、血を吹きかける攻撃は想定内だったのか、セコンドのゆうちゃん含め全くあわてず、上杉の足を踏み強烈な肘を上杉の顔面に叩きこみます。

かなり深刻なダメージを受け完全に倒れこむ上杉!

目に入った血を余裕しゃくしゃくでふき取り倒れた上杉を見下ろす芝原。

「頭を潰して終わっとくか・・・」

怖い、怖すぎるぞ芝原!

 

上杉はこのまま負けてしまうのか

予想外としつつも、十兵衛はこのまま芝原の勝ちを確信しますが、文学は違うようです。

過去の上杉と父無一の戦い知る文学は上杉の強さを知っており、二人の戦いを回想しながらそう答えます。どうやら文学はタイマンだったら上杉と父との勝負は分からなかったと考えているようです。

倒れている上杉を見下ろす芝原ですが

頭を踏み潰すように誘っているかもと警戒し始めます。

すると平然と上杉が立ち上がり、なんと両手を下ろしたまま構えず無造作に芝原に近づいていきます。

「俺の目に飯綱(いづな)走ってるか?」

正直良く分からないセリフを吐く上原ですが、なんとそれは完全な煉獄の解禁を意味するセリフらしいです。

っていうかまだ完全に解禁してなかったのか・・w

もしかすると初手は左鉤突きから入るという縛りがあったのかもしれません。次回92話は本当の煉獄を繰り出す上杉の反撃のターンとなりそうです。










-喧嘩稼業, ネタバレ, トーナメント考察

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.