トーナメント考察 喧嘩稼業 ネタバレ

喧嘩稼業93話ネタバレと考察「上杉と芝原のトレース合戦」

投稿日:7月 30, 2018 更新日:

この漫画は本当に面白いです。喧嘩稼業93話のネタバレと考察です。

前回92話では序盤から試合を優勢に進めていた芝原が、上杉のローキックからの胴回し蹴りという初見殺しのコンボでついに捕まってしまい、煉獄の餌食になります。息子佑ちゃんの金網ガシャもあり、芝原大ピンチで戦いは山場へ突入します。

 

喧嘩稼業93話

無敵のハメ技煉獄を繰り出す上杉均。

芝原はガン情報で上杉のやる気を削ごうとしてましたが、全く容赦のない打撃を繰り出しています。

 

田島w

確かに山本陸は熊を倒していましたが、それ以外にも進道塾は動物を試し切りなどに利用していたのでしょうか。

兄貴の櫻井はライオンを、入江無一はクマを倒していましたが、ここにきて田島の動物好きという新たな一面が出てくるのかもしれません。

ちなみにこちらは武田梨奈の煉獄。上杉均のは絶対嫌ですが、この子のなら食らいたいかも。

 

考える芝原

煉獄を受けながら芝原は思考します。

抵抗こそできませんが、一発でトドメを刺される強い一撃はないと瞬時に判断します。そして強者に共通する選択である『煉獄には守りを固める』という手段で脱出の機を伺います。

無一も櫻井も煉獄に対してはそうしていましたね。そして彼らの凄いところはダメージを受け続けながらも思考できる所です。

しかし芝原には彼らにはない弱点もあります。

それは病気のこと。ドーピング医者の先生からも体の耐久力は弱くなっている可能性を指摘されていたため、芝原は煉獄による骨折を心配します。

 

里見に苛立つ芝原

芝原は里見との会話も思い出します。

里見は芝原に煉獄の情報を教えはしましたが、情報を限定する事で、煉獄の入りが左鉤突きからだけであるかのようにミスリードしていました。ここは里見と木多先生さすがの伏線です。

まんまと引っかかってしまった芝原は戦いの最中でありながら、里見へのいら立ちも見せます。

芝原は煉獄対策のためのダシにされただけで、里見は因縁のある進道塾のナンバー2である上杉と戦い勝つため、ハナから芝原に加勢するつもりはなかったようです。何て奴だ里見!!

芝原は作中で一番弱く汚い十兵衛を仲間に引き込もうとしていましたが、里見もかなりの忍術の使い手です。

(試合前の会見では田島に対しストレートな言動をしていましたが里見も搦め手の忍術を使うとは意外でした。会見は里見こそブラフだったんでしょうか。)

しかも上杉が勝てば田島潰しの機会もありますので、里見にとっては一石二鳥の行動です。

スポンサーリンク



芝原の思考

里見に嵌められた事に苛立ちを感じつつも、中々上手いやり方だったと感心もしている芝原。

しかしながらやはりイライラは抑えられないようで、目の前の上杉というより里見に対して怒っているようにすら見えます。

顔面血みどろになりながら、里見の思うようにはいかせないと何か考えを巡らせます。

ここで芝原が考えていたのは「煉獄対策を里見に見せたくない」という意地ですw

里見が計画していた、芝原による対上杉のための煉獄破りですが、芝原は今から行う煉獄破りは、『一回使い捨ての煉獄破り』で、当初から想定していた煉獄対策とは別の手段。

当然芝原は上杉に勝つつもりなので、芝原の中では里見が煉獄対策を見たところで使う機会はないはずですが、ちょっとでも喜ばせるのが嫌だったんでしょうか。里見がニンマリしちゃうので嫌だったんですね。

やはり相当里見に対してイライラしていますwいくら合気をしても歳をとっても根本的に人の性格は変わらないんでしょうね。

そしてついに芝原が煉獄に対し対策を繰り出します。

 

芝原の煉獄対策

上杉の間合いに入り、足を踏み込み上杉。パソコンで戦いを視聴している青木は止まるわけないと自信満々の様子。

しかし何と上杉は一瞬止まってしまいます。どうやら足の先で上杉の裾を踏むか掴むかするという単純な対策で脱出成功です。すると芝原は・・・

なんと煉獄!!! 煉獄のバーゲンセールです。

しかも芝原は上杉を倒し里見と戦う事になった暁には煉獄で葬るという、物凄い発想もしていました。

十兵衛はこれを見て驚きますが、空君によると不完全である事は明らかなようです。

そんな煉獄は当然破られ、芝原は上杉に頭突きをかまされますが、芝原は体力回復のためバックステップで距離をとります。

 

上杉もトレース

バックステップした芝原に対し上杉が前進。これはどこかで見た光景です。

そう、これは入江無一と上杉との闘いであった展開で、上杉は自分がやられた事を、芝原に対して繰り出すのです。

お互いに他人の技をトレースするのですが、上杉の無一モシャスはこれでは終わりません。目打ちで芝原の上体を反らせ、手で作った四角から、なんど一撃必殺の金剛を芝原に叩きこむのです!

これには文学も呼応するように叫んでリアクション。(文学めっちゃ元気そうですw)

上杉のこの金剛は技の練習ってこともあるんでしょうけど、芝原が真似したことに対する対抗で自分も真似した動機もありそうです。物凄い意地っ張りなおっさん同士の戦いですね。

しかし上杉の金剛も不完全なため、芝原は沈まず、お互いにリングで対峙します。

こうやってお互いに必殺技をトレースし合った所で93話は終了。本来あったはずの煉獄破りの答え合わせなどはあるのでしょうか。この勢いのまま94話に続きます。










-トーナメント考察, 喧嘩稼業, ネタバレ

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.