キングダムネタバレ キングダム

キングダム570話ネタバレと考察「楊端和vsロゾ最終決戦」

投稿日:8月 30, 2018 更新日:

キングダム570話ネタバレと考察です。

前回569話では、楊端和(ようたんわ)を抱えてバジオウが崖を越えるのですが、消耗が激しく再び犬戎軍に追い込まれてしまいます。大勢を相手にたった二人で戦うバジオウは、子供のころ楊端和に救われた記憶を思い出し、「命にかけてもこの人を守ると誓ったのだ!」と自分の命を顧みず敵に立ち向かいます。

一方でエンポ爺たちは、楊端和の指示でこっそりと手薄になった犬戎の城へ到着。この戦は一体どうなるのでしょうか。

 

キングダム570話

あれ、まだバジオウ戦ってるw

先週力尽きたかに思ってたバジオウですが、普通に戦ってました。

先週は顔面を踏みつけられて瀕死だったんですが、やはりこの男、大将軍クラスの強さがあるようです。それだけに死んだら痛手でしょうね。

息を吹き返したバジオウは再び犬戎軍をかっさばき続けます。

楊端和の方はというと、死んではいないものの、もうほとんど動けない様子。バジオウはたった一人で楊端和を守り続けます。

さすがに趙の山賊たちもバジオウのタフっぷりには驚きを隠し切れません。

 

諦める楊端和

自分のために命を投げ出し戦うバジオウを静かに見つめる楊端和。2話ぐらい前まで一人だけ汚れ一つない綺麗な顔をしていたんですが、さすがに傷と血でボロボロになっています。

そんな楊端和の目の前で、ついにバジオウは倒れます・・・バジオウは捕まれば処刑の前に凄惨な拷問が待っています。

バジオウにもういいと言葉をかける楊端和。穏やかな顔だったんですが、死を受け入れたのでしょうか。

いえ違います。何と援軍到着です。

スポンサーリンク



援軍はどうやって来たのか

山戎軍が途中から笛を止めていたので、足取りが分からないかと思っていたんですが、全体の動きからの予測、そして何より仲間の呼ぶ心の声を頼りに辿り着いたようです。

駆け付けたシュンメンは敵を蹴散らし怒りをぶつけます。

山戎軍は一旦仕切り直そうとしますが、かけつけた楊端和を慕う兵士たちはその間を与えぬほど次々と敵を蹴散らしていきます。

焦る犬戎軍。徐々に山の民達も増えていきます。

状況が少し変わり始めた時に、笛の音が響き渡ります。

 

ロゾも到着!!

何と楊端和を追っていたロゾと舜水樹(しゅんすいじゅ)の合同軍もついに到着してしまいます。

ちなみにロゾは楊端和を生きたまま捕まえて、あんなことやこんなことをするつもりなので、絶対に楊端和は捕まってはいけません。青年誌といえどさすがにその様子は漫画で表現できないはずです。

完全にグロッキーの楊端和は仲間に抱えられ横たわっていました。いつもと違う様子でかわいく描かれていました。

そこに再び笛の音が。意識朦朧とした楊端和ですがその音に反応します。

 

フィゴ王ダントも到着!

こっちも援軍!! トアクの生首を槍の先にぶっさしたフィゴ軍が到着です。

色々タイミング良すぎるんですけど、熱い展開で凄い画力で描かれていたので、読んでいる限りでは気になりませんでした。

フィゴ王はずっと傷だらけですけど、トアクとの一対一の勝負で圧倒的な強さで勝利していたので、これは心強い援軍となりました。

戦況を見下ろすフィゴは、状況を理解しニヤリとした顔で、この戦いを勝利すれば楊端和が自分のものにできると豪快過ぎる考えをしていました。

清々しいぐらいの下品なセリフを吐きながら、フィゴが戦場に向かって駆け下ります。品の無いフィゴですが、こういうピンチの場面では凄く頼もしいです。かなり美味しいキャラクターですね。生存できれば人気が出そうです。

 

ロゾvsダント

ロゾもフィゴの急襲に気が付きます。

舜水樹は相変わらずポーカーフェイスですがそれなりに警戒している様子。

一方ロゾはフィゴを迎え撃つ用意。

ロゾも脳筋というわけではなく、楊端和より先にフィゴ軍を倒すと判断したようなので、来週はフィゴvsロゾとなりそうです。舜水樹もいますが、ロゾのセリフから舜水樹が楊端和を襲ってくることは無さそうです。

フィゴに生き残って欲しいですが、かなり厳しい状況ですね。あと壁の奴は何してるんでしょうかw

そしてエンポ爺が犬戎城を落とすと思うので、それがどのような交渉の材料になるのか。571話に続きます!










-キングダムネタバレ, キングダム

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.