キングダムネタバレ キングダム

キングダム575-576話ネタバレと考察「桓騎と信の顔みせ」

投稿日:10月 11, 2018 更新日:

キングダム575話ネタバレと考察です。

前回574話では、読者にとっても壁たちにとっても長い戦いとなっていた橑陽の戦いがついに決着、楊端和軍の大勝利で舜水樹は敗走します。

壁もロゾの首を取るという手柄をたて楊端和らに祝福されます。犠牲者は多く出ましたが、敵だった犬戎軍はロゾ亡きあと楊端和の仲間となることを約束するなど秦の中華統一に向け一歩前進します。

 

キングダム 575話

橑陽の戦い10日目の青空の下、軽い勝利の宴です。しかし壁はロゾを討った瞬間の記憶にないらしく、キタリにバカにされてしまいます。

しかし楊端和(ようたんわ)は茶化すキタリをよそに壁を褒めたたえます。

そんな楊端和は壁と乾杯する瞬間、「兵糧を焼かれたときは実はブチ切れて正直首飛ばしてやろうと思ったがそうしなくて本当に良かった」とかわいい顔で物騒な冗談まで言っていました。この二人のロマンスは割とマジであると思ってます。

自分はブラックジョークを飛ばしていた楊端和ですが、バジオウが死んだという冗談を言ってきたシュンメンには厳しいお仕置きをしていました。

これには私も騙されました。(バジオウは無事とのこと。信じられないぐらいタフですね。)

勝利の余韻に浸る壁ですが、まだ戦いは終わっていないと気を引き締めます。

スポンサーリンク


趙軍の行く先

これには楊端和も同調。あくまで自分たちの役割は援護に過ぎないと一同は気を引き締めます。

本来楊端和たちは舜水樹(しゅんすいじゅ)の趙将の軍が鄴(ぎょう)を解放するのを阻止するために来ており、ここを離れたあの趙軍が鄴へ向かうなら大挙して出てその背を討つまでだ。と逃がした舜水樹についても対策を考えているようです。

しかし情報によるとどうやら舜水樹ら趙軍は鄴には向かわず、列尾に向かったとのこと。楊端和とキタリは舜水樹は鄴が落ちないことを確信し、窮した自分たちが脱出できないようそのような行動に出たと分析します。

舜水樹の圧倒的な鄴に対する自信に驚愕する壁

真剣に話し合いをする三人ですが、そこにフィゴ王とエンポじぃが早くねぎらいに来いと騒ぎ出したと報告がw二人は楊端和に頭をなでてもらう約束をしたと騒いでいるようです。

エンポじぃはともかくフィゴ王は萌えキャラですね。渋々二人の元へ向かう楊端和。もしかして恒例の行事なんでしょうか。

 

鄴は現在・・・

鄴といえばあのお方。久々桓騎様登場です。

側近摩論(まろん)は兵糧の計算が合わず、クオ一家が食料をくすねていた事を報告。桓騎は感心しますが、摩論は笑いごとじゃない様子。

更にゼノウ一家はこれ以上食い物を減らしたら兵糧庫を強奪するとかなり荒れている事を伺わせる桓騎軍でした。

そして兵糧は何もなければあと三日ほどしか持たないと摩論は報告。こっそり幹部だけ逃げませんかと提案する始末(オイ!!)逃げ場があれば苦労しないと一蹴した桓騎は焦る様子こそ見せていませんが、状況の打破を待ち詫びています。

 

飛信隊

桓騎にノロマと言われてしまった秦軍の右翼。超軍左翼と戦っています。

飛信隊と王賁 ( おうほん )率いる玉鳳隊 ( ぎょくほうたい ) はうまく連携して戦っていますが、右翼側の将亜光が馬南慈(ばなんじ)と
尭雲(ぎょううん)の二人を相手に戦い重傷を負ったため、実質指揮官不在のまま戦いを強いられています。

そんな分が悪い状況にも関わらず、王翦(おうせん)から一向に連絡がこないことに不安を感じ始める一部の兵士たち

見捨てられた事を危惧しています。

軍師テンは、右翼の重要性を根拠にそれを否定しますが、信は迷いを感じ始めます。

無双しながらも「大将の指示待ちっつう一番気持ち悪い状態で始まっちまった。良い対処法が見つからねえならねえで何かその場しのぎの指示ぐらい送って来いよ」

と総大将の王翦将軍に対し不安を感じ始めます。575話はここまで。576話に続きます!










-キングダムネタバレ, キングダム

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.