キングダムネタバレ キングダム

キングダム598話ネタバレ考察『信vs趙峩龍が決着』

投稿日:

キングダム598話ネタバレ考察です。

前回597話では、死を覚悟したかのように趙峩龍が突如信に襲い掛かってきました。趙峩龍は藺相如に、中華を統一せんとするものが現れたら全力で叩き潰せと最後の指令を受けていたようです。一方信は松左の死を悲しむ間もなく次々と趙軍を蹴散らして、趙峩龍の元にたどり着きました。この二人の戦いはどちらが勝利するのでしょうか。

 

キングダム598話

冒頭では馬南慈(ばなんじ)と亜花錦(あかきん)が戦っていました。馬南慈の側近は亜花錦を追い詰めて殺そうと提案してましたが、亜花錦には策があると考えて馬南慈は深追いはしません。

馬南慈程の男が警戒するぐらいですから、やはりこの亜花錦はかなりの曲者です。今後の戦いでも活躍する場面がありそう。

 

馬南慈は飛信隊の元へ

馬南慈は既に趙峩龍(ちょうがりゅう)が追い詰められ、信と戦っている事を知っていました。亜花錦を深追いしないのは、趙峩龍に一刻も早く助太刀したいという考えもあります。亜花錦の目的は足止めですが、そろそろ軍の限界は近く、あとは信に早く趙峩龍を討つよう願うことしかできません。

あとは玉鳳隊もその足止めのために番陽(ばんよう)が体を張ってがんばっていました。今にも死にそうですが、彼は王賁(おうほん)がいない間に死ぬわけないので、大丈夫でしょう。今のところ死人は松左だけですね。

 

趙峩龍は強い

趙峩龍は軍師という認識であった飛信隊の面々は、信に対して優位に戦う趙峩龍の強さに驚いていました。そしてそんな飛信隊の驚きに呼応するかのごとく、趙峩龍は「弱いわけがなかろうが!」と自身の強さの源について語り始めます。

彼は藺相如(りんしょうじょ)や、過去に散っていった八将の思いを背負っているので、それが強さに繋がっているようです。趙峩龍はことあるごとに藺相如のことを思い出しています。

 

信負けかける

そんな趙峩龍に一度は落馬されかける信ですが、遠くで見守るキョウカイだけは信が負けるとは微塵も思っていませんでした。

背負った思いでいうならば、信こそこれまで死んでいった仲間たち全員の思いを余さず紡いでいる男であり、それが強さになるのであれば信が確かに負けるわけありません。最後は大ゴマに描かれた王騎が信の背後に表れて趙峩龍を討っていました。

(首をはねられた描写などはありませんでしたが、趙峩龍があとは尭雲頼むぞと言っていたので、生死関わらず恐らくこれでこの戦いから趙峩龍は離脱するでしょう)

 










-キングダムネタバレ, キングダム

Copyright© 漫画おまとめさん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.