MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

【MAJOR 2nd】184話ネタバレ考察 茂野五郎「女子の操縦は任せろ」

投稿日:

メジャーセカンド184話のネタバレ考察です。

前回183話では大吾のピンチを察してか父茂野五郎が帰宅していました。もしかしたら気まぐれで帰宅しただけかもしれませんが、大吾が落ち込んでいる原因である佐藤光の父とは友人なのでもしかしたら何か情報をキャッチしてやってきたのかもしれません。吾郎の父親力に期待です。

MAJOR 2nd 184話

茂野五郎が家に戻ってきたのは母の薫から大吾が倒れたことを聞いたことが理由でした。野球バカの放浪オヤジかもしれませんが、大金を稼ぎ息子のピンチにはちゃんと帰ってくるできた父親です。

(週刊少年サンデー/満田拓也/MAJOR 2nd184話より引用)

早く学校に連れていけとゴネる大吾に半ば無理やり飯を食べさせる吾郎。「入学テストで弁当5人分」は海堂学園高校のことですね。吾郎は一時入学しましたが指導方針にキレて野球部のない聖秀学院高校に編入しています。懐かしいメジャー無印の高校編を思い出します。

ちなみにここで吾郎の近況が少し明かされていました。

九州でプロの若手とリーグ戦の最中と言っていたので、一瞬四国リーグを辞めてプロの2軍でやっているのかなと思いきや、どうやら現実世界でいうところの『宮崎フェニックスリーグ』に四国リーグ選抜として参加しているんだと思います。

大吾を病院から連れ去った大吾は嫁の薫に「フフフ( 一一)。息子は預かった」という内容のメッセージを送っていました。吾郎絵文字使うんですね。楽しそうな夫婦でほっこりしました。普段顔を合わせていないからこその仲の良さかもしれません。

あとは大金持ちでもファミレスに入る庶民の感覚を忘れない吾郎もさすがです。

 

女性の扱いに自信を見せる吾郎

レストランを出た後も学校には連れて行かず、バッティングセンターや河原でキャッチボールに勤しんでいました。(吾郎は左投に戻っていました)

ちなみにバッティングセンターにいるときに薫から「光と野球をした後からおかしくなった」「倒れた原因は精神的なことが原因」ことをラインで知らされています。光の復活を褒める吾郎に、『俺はがっかり2世』『先に煽ってきたのは光』と大吾も本音でぶつかっていました。

中学時代は光のおかげで『がっかり2世』の呪縛から解き放たれた大吾ですが、光のせいで今度はまた殻に閉じこもってしまいました。そして問題を解決できなかったからなのか、最初からそのつもりだったのか不明ですが、吾郎は何と大吾の通う風林学園中学に俺が行くと宣言していました。

『女の操縦は任せとけ』

こんなセリフも吾郎から飛び出していました。どうやら女子ばかりの野球部で指導するつもりのようです。清水薫の気持ちに気付かない鈍感ぶりを発揮していた吾郎のことなので心配ですが、あれから色々成長したのかもしれません。これは期待しましょう。

 

185話の展望

次週も掲載予定です。

風林学園に監督がいないことにも言及していたので、吾郎が野球部監督でもやるんでしょうか。そうなったら面白いですが主人公が完全に吾郎になってしまいそうで満田先生がどう展開させるのか気になります。まあでも是非吾郎監督でお願いしたいですね。

ただ吾郎も完全にその場のノリで発言していたのでどこまで本気かは分からないです。そもそもそんなすぐに学校のコーチに就任できるものなのかも分からないですが、吾郎の再登板に読者は期待していると思います。

リアルでいうなら野茂英雄やイチローや松井秀喜が学校にくるようなもんなので生徒達は大喜びしそうです。父親が有名人であることは普通に考えたら学校中で知られているはずですが、どうも後輩の仁科明などは知らない様子にも見えたので部員や学生のリアクションも楽しみです。










-MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

Copyright© 漫画おまとめさん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.