陰陽トーナメント予想 喧嘩稼業 トーナメント考察

喧嘩稼業、芝原は上杉均の煉獄から脱出する!93話の展望予想

投稿日:7月 10, 2018 更新日:

喧嘩稼業92話にて、ついに芝原は上杉均の煉獄を食らってしまいます。

この試合が始まる前

↑の記事で勝敗予想をしているのですが、そこで予想していた通り、煉獄は確実に入るというお約束をやはり木多先生は守ってきました。

あとはこの上杉均の煉獄が破られるのかどうかですが、煉獄が破られたからといって芝原が勝つとは限らないので、芝原にとっては相当厳しい展開にはなりました。

 

上杉と芝原はどっちが勝つのか

勝敗予想記事では70%で上杉勝利、30%で芝原勝利と紹介しました。

ただ92話を読んだ上で改めて考えると、芝原勝利の確率がやや上がったと考えています。

大筋では上杉が勝った方が話を転がしやすそうなので上杉有利は変わりませんが、試合の流れ的には、終盤で追い込まれた方が勝つ展開が多いはずです。(十兵衛の試合以外はそう)

あともう1つ

この芝原の苦悶の表情

これは見れば見るほどフリに見えてきますw

格闘技漫画において予想を裏切るための課題として、勝つほうを如何に負けると読者に思わせるか、というのがあると思うのですが、木多先生は十兵衛の試合以外で、本当にそれを巧妙に演出してきました。

(十兵衛は主人公なので勝ち確なのは仕方がないです。)

それを踏まえてこのコマを見ると、芝原が負けると読者に思わせているように見えてきます。

以上試合展開と、芝原が負けると思わせようとしている忍術を読み解くと、芝原の勝率は上がったと考えています。

芝原勝利35%、上杉勝利65%ぐらいでしょうか。あまり変わっていないけどw)

 

煉獄は必ず破られる

どっちが勝つにしろ、煉獄は必ず一度破られるはずです。

試合前に煉獄を佑ちゃんと一緒に分析していたのですが、そこで脱出法について少し言及していました。

 

そこで格闘技における呼吸の法則について芝原が語っていました。

息を吸うときには攻撃できない打撃の規則性があるらしいのですが、そこを利用して脱出可能と考えているようです。

「陰と陽を行き来できる者が一番強い。」

これは癌を上杉に知らせたり十兵衛を利用したりといった、忍術の事もありますが、この合気に通じる呼吸法の事でもあるのでしょう。

「陰と陽を入れ替えさせる、煉獄中の呼吸のタイミングを変えさせればいい。」

そのような事も言っていました。

具体的な方法としては

上杉との戦いの最中に距離感を騙すような合気の技術を使っていたので、煉獄中にこれを応用することもできそうですが、恐らくまた新たなアイデアか、別の伏線を回収するような驚きの展開があると思います。

 

煉獄が破られた後

①煉獄が破られるもダメージが大きく芝原敗北、②上杉が煉獄破りを更に破るような煉獄改を出して対応し上杉勝利、③煉獄が破られ仕切り直し、この3つに分岐すると思います。

個人的には、もう少し上杉がダメージを負って勝つと考えているので、煉獄が破られた後、あるいはその刹那に芝原が割と大きなダメージを上杉に与えて、そっから上杉が踏ん張って勝つのかなと予想してます。

作中では山本陸、入江無一と並んで日本最強の達人の一人でもありますし、少なくともこのまま煉獄で沈んでしまうようなことはないはずです。

 

怪我の影響

実はこの試合の後、上杉は田島の襲撃、芝原は優勝すれば当日に田島と対戦するという口約があります。

といっても上杉の方は、代わりにタマケンさんが行くだけなので問題ありませんが、芝原のダメージはちょっと田島と戦えるような状態ではなくなってしまいました。

まあ優勝は文学で内定していますが、そんな事知らない芝原は仮に上杉に勝ってもこれじゃあ田島と戦えないと落ち込んでしまいそうです。

 

無一との闘い

上杉均は無一との闘いで、無一のアバラ骨を折っておきながら、それをエサにされ金剛を食らい失神した苦い経験があります。

奇しくも今上杉と芝原の両者がアバラを折っているので、無一との闘いがこの試合にも何か影響を及ぼす事もあるかもしれません。

 

まとめ

こんだけ色々講釈垂れましたので、このまま煉獄で何事もなく芝原が沈んでしまったら笑ってしまいますが、恐らくもう一波乱あるはずです。

93話では煉獄中に芝原が必死で模索するでしょう。戦いの佳境が非常に楽しみです。










-陰陽トーナメント予想, 喧嘩稼業, トーナメント考察

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.