七つの大罪

七つの大罪296-297話ネタバレ考察『マーリン最後の魔力』

投稿日:1月 16, 2019 更新日:

七つの大罪296話ネタバレ考察です。

七つの大罪クイズ。エンチャント・ヘルブレイズと見せかけて神千斬りという回答が多いです。

前回295話では、妖精王ハーレクイン化したキングがゼルドリスと激突。戦いを優位に運びますが、メリオダスの元にはマエルが生み出してしまった戒禁が向かっており、事態は一刻を争います。

キャメロットでは原初の魔神とマーリン、エスカノールが戦闘中。こちらはかなり劣勢です。

七つの大罪296話

繭となり、既に魔神王になりかけているメリオダスですが、更に戒禁がメリオダスの中に入り込み絶望の状況に。コーヒーでいうなら砂糖まで入れて、あとはかき混ぜるだけの状況でしょうか。

キングはショックを受け、魔神族一味は満足げな様子。魔神王メリオダスが誕生すればエリザベス達に勝ち目はなくなるでしょう。ここで一人の仲間が立ち上がります。

 

マーリンは諦めない

マーリンが「時の棺(クロノ・コフィン)」で、繭の時間を止め、魔神王化を防ごうとしぶとく抵抗し続けます。

ここまできて技を隠し持っていたとは、マーリン恐るべし!!

一方これを見たゼルドリスと原初の魔神が、そんなことはさせないとマーリンにアタック!無防備なマーリンですが、それを守ったのがキングとエスカノール。

元気玉を集める悟空のために時間を稼ぐベジータみたいな感じでしょうか。「時の棺」も時間がかかるので、その間原初の魔神とゼルドリスを止めなければいけません。キングはともかくエスカノールは、原初の魔神との戦闘で既にかなり消耗しているので、こちらは分が悪そうです。

 

リュドシエルは諦める

しぶといマーリンとは対照的に、4大天使リュドシエルは、

・キングはがんばっているがエスカノールは原初の魔神を止められない。

・キングといえど二人を相手にはできない

・魔神王メリオダスが誕生すれば女神族に勝ち目はない

この思考回路で完全に諦めムード。マエルといい女神族はメンタルがやや弱い印象があります。

しかしそんなリュドシエルを励ます友がいます。

ヘンドリクセンは人間を信じる

3000年前から女神族は人間を導いてきた、諦めてはいけないと、ヘンドリクセンはリュドシエルを鼓舞。

情けない姿を見せたリュドシエルでしたが、女神族でありながらそんな人間らしい一面にもヘンドリクセンは惹かれたようで、愛想が尽きるどころか、以前にも増してリュドシエルへの愛にあふれています。

そして早く自分を器として使えとせかしますが、リュドシエルは何とヘンドリクセンに回復呪文を唱えたあと、「お前が器では力が出せん」と強がり、精神体のまま、時間を稼ぐため原初の魔神に突撃!

あのリュドシエルが他人のために命を張り時間稼ぎに参加します。

 

マエル到着

原初の魔神にやられたエスカノールを包み込むマエル。

エスタロッサから目覚めた最強の男がようやく聖戦の地へと到着です。これで原初の魔神には対応できるでしょうから、時間稼ぎは恐らく成功するでしょう。

ただ仮にメリオダスの魔神王化を止めたとしても、その後の作戦はどうするんでしょうか。927話以降で明らかになるでしょう。

 

927話の展望

リュドシエルがヘンドリクセンを器として断ったのは、役不足というのは建前で、人間らしいリュドシエルはヘンドリクセンに生きて欲しいんでしょうね。

ただし精神体のままでは、限界がありますので、マエルと何らかの融合をする可能性もありそうです。個人的にはメリオダスは一度魔神王化すると思っているので、そのタイミングでリュドシエルとマエルに一山ありそうな気がします。

ここへきて新技を出したマーリンにも驚きです。さすがにもう新たな引き出しはないと思いますが、さすが<七つの大罪>の王国転覆事件の際、機転を利かせメエリオダスから力を抜き取っていたやり手の魔術師!

リオネス王国の魔術師の最後の手段は報われるでしょうか。










-七つの大罪

Copyright© 漫画おまとめさん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.