七つの大罪

七つの大罪301話ネタバレ考察『バンvsメリオダス最後の殴り合い』

投稿日:2月 20, 2019 更新日:

七つの大罪301話の考察です。ネタバレ含みますのでご注意ください。

七つの大罪のイベント。 メリオダスとゴウセルの声優さんが来てくれます。

前回300話では、魔神王となったメリオダスがついに女神族たちを攻撃開始。あんなに仲の良かったホークも黒焦げにされてしまいます。あまりの強さにキングやマエルらも絶望していたのですが、そこにバン様が登場。永遠の命は失いましたが、煉獄で途方もない時間修行していた彼は何かやってくれるはずです。

 

七つの大罪301話

バンの帰還にホークは涙して喜んでいました。黒焦げになっているので涙が塩となっていい調味料になってるかもしれません。

いつもならそんなホークに食っちまうぞジョークを言うはずのバンですが、今回ばかりはマジモードなので、ホークをゴウセルに放り投げて危険な戦いの場から遠ざけていました。

 

エレインの復活を知ったキング

ハーレクイン化してイケメンになっているキングは、既に魔神王メリオダスの強さを知っているので、いくら不死身だといってもバン一人じゃ危険だと警告。

しかし!もうバンは不死身ではありませんからね。その理由は愛するエレインに永遠の命をギフトしたからです。エレインといえばキングの妹。当初はそのことで酷くバンを恨んでいたキングがいました。

しかし今回エレイン復活の事実を知ったキングは、とてもエレインの復活を喜んでいるようには見えません。既に友となり戦友であるバンの身が心配なんでしょうね。ここは感動しました。

ただこれまでキングはバンと違ってエレインの姿を見ることができませんでしたから、この二人の涙の再会ももうすぐ実現するでしょう。

メリオダスvsバンの戦い

これまで何度もスパーリングのような喧嘩をすることがあった親友の二人ですが、殺し合いレベルのガチの戦いになってしまいます。

まずはメリオダスが先制。竜巻を発生させあたり一帯を塵にしていました。エリザベス達はキングによって何とか安全地帯へ。ディアンヌはバンの身を心配しますが、ゴウセルは毒を伴った高密度のエネルギーのこの嵐の中では、どんな生物も生きられないとバンの生存を諦めた様子

しかしバンは生きていました。それもほとんどノーダメージ。やはり永遠といっても過言ではない煉獄での修行が生きましたね。不死身の肉体でなくても、今のバンは素の闘級が凄まじい事になっています。

 

最後の殴り合い

嵐を耐えたバンとメリオダスの殴り合いが始まるのですが、滅茶苦茶かっこよく描かれていました。しかも多分この二人の殴り合いは多分最後なんですよね。

これまで何度もジャレあったり、時には喧嘩したりのバンとメリオダスの拳の語らいも最後かと思うと寂しくなってしまいます。状況的にはやはり魔神王のメリオダスが優勢です。いくら煉獄で修行したといっても、魔神王化してブーストしたメリオダスには分が悪いです。

それでもリュドシエルらはバンが一人で魔神王とやりあっていることに驚いていましたが、実はバンは一人で魔神王と戦っているわけではありませんでした。

 

メリオダス復活へ

魔神王化したメリオダスの意識の中で、皆が知るメリオダスが魔神王と戦っていたのです。(肉体はバンvs魔神王メリオダス、魔神王メリオダスの意識の中で魔神王vsメリオダスという状況。)

久しぶりに子供のメリオダスが姿を見せてくれました。まだ肉体は伴っていないので、エリザベスらと再会はできませんが、この戦いに勝つことができればメリオダスは肉体を取り戻すことができるはずです。

でもバンはさすが親友です。来て早々に意識の中にメリオダスがいることに気付き、共に戦うことを考えていました。302話へと続きます。

 

302話・・アーサーどうなる

原初の魔神が出てこないかドキドキしながらここ数週探してたんですが、もういないみたいですねw

魔神王は肉体と精神別々にとはいえ、バンとメリオダス二人を相手に戦うのはキツいはずです。煉獄で戦ったときは二人(ワイルドもいたので二人と3匹ですが)でも歯が立たなかったですが、今回は別々、しかも二人ともパワーアップしているので以前と同じようにはならないでしょう。

あとアーサーの処遇もきになりますね。救世主はアーサーの可能性もあると思っていましたが結局バンでした。もしかするとアーサーの伏線回収は、スピンオフとして別漫画となるかもしれません。(人気漫画ですからね。それぐらいありそう)

あとはエレインとキング、エリザベスとメリオダスの再会が楽しみです。最終回も見えて来て寂しいですが、色々と伏線回収が見えて来て楽しみですね。










-七つの大罪

Copyright© 漫画おまとめさん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.