七つの大罪

七つの大罪304話ネタバレ考察『ゼルドリス死亡か・魔神王との最終決戦』

投稿日:3月 20, 2019 更新日:

七つの大罪304話の考察です。ネタバレ含みますのでご注意ください。

前回303話では、エリザベス達が意識の中に入り込んだ事を魔神王を気付いてしましました。戒禁を出しゴウセルの邪魔をしようとする魔神王の前に現れたのは、魔神族でありメリオダスの兄でもあるゼルドリス!

迷える魔神族の戦士はずっと憎んできた兄の味方になる道を選んでくれたのでしょうか。そして不死身の命を失いながらも魔神王と勇敢に戦うバンも心配されます。

 

七つの大罪304話

今まさに最終決戦的な戦いが2つの現場で行われています。

1つは現世でのバンvs魔神王(魔神王はメリオダスの肉体です)。そしてこの現世の戦いにゼルドリスが参戦しました。そしてもう1つは魔神王メリオダスの意識下で、メリオダスの精神vs魔神王の戦いです。意識下のほうにエリザベスらが助っ人にきました。

そして勝利条件というのはイマイチはっきりしていません。意識下でメリオダスが勝ったら肉体を取り戻せるかもしれませんし、現世で倒しきらないと魔神王は倒せないかもしれません。これは後程明らかになるはずです。

更にもっというと、魔神王の本来の本体はまだ恐らく煉獄にあるんですよね。(以前バンとメリオダスが煉獄で戦っていました。)魔神王メリオダスを倒しても、煉獄の魔神王はまだ生存するかもしれないという、ちょっと複雑な状況です。(その場合この戦いが最終決戦でなくなる可能性も)

ゼルドリス大ダメージ・・・死亡へ

現世でうまく戦っていたゼルドリスですが、「何の真似だゼルドリス」と味方だったはずのゼルドリスの攻撃に怒りを見せ本気を出してきた魔神王にやられちまいました。(確定ではありませんが、「メリオダス後は任せた」とまで言っていました。)

やられる前に魔神王に言われていたのですが、どうやらゼルドリスは皆が平穏に暮らせる魔界を作る考えがあったようです。なんてこった・・・根っからの魔族である魔神王はそのことを弱さを考え、ゼルドリスの恋人ゲルダを殺してしまいます。

愛するエリザベスを守るため全てを敵に回したメリオダスに対し、ゼルドリスは自分はそうはできなかったと後悔し、少しだけメリオダスを見直したように見えます。

体を貫かれたゼルドリスは、メリオダスに全てを託し、意識を失っていました。このまま死んでしまうのでしょうか。あまりに救いがなさすぎるので、何とか生存してゼルドリスには最後に何らかの幸せを掴んで欲しいです。

 

メリオダス復活へ

魔神王の意識の中で戦うメリオダスは序盤やられていましたが、ゴウセルの魔法によってエリザベスらと接触してからは圧倒的に優位に戦いを進めていました。

それもこれも再会しはしゃぐひと時の間、ちょっとだけ空気を読んで攻撃を待っていてくれた魔神王のおかげです。

最後はエリザベスの「待ってるから」という言葉で奮起したのか魔神王にトドメを指しているように見えました。恐らく来週か次の周ぐらいにはメリオダスは現世に戻ってくるんじゃないでしょうか。あとキングがいつのまにかハーレクインから元のキングの姿に戻っていましたね。現世では元に戻るのかもしれませんが、やはりこの3枚目のキングのほうがしっくりくるのかもしれません。

魔神王はかつてないほどのダメージを負い「おのれー」と叫んでいたので、メリオダスの勝利は時間の問題でしょう。

 

305話

現世でがんばっているバンはそれなりにダメージはありますがまだ生きています。それもこれも参戦してくれたゼルドリスのおかげですね。

ゼルドリスは本来魔力攻撃は効かないのですが、魔神王が貸し与えた力だったため、魔神王の魔力攻撃に大してはその耐性が無力になってしまいました。

七つの大罪のメンバーは愛する人や仲間に囲まれて割と幸せそうなんですが、ゼルドリスなんかは悲惨ですね。恋人や仲間が死にまくってます。個人的にはまだ生きていると信じます。エリザベスもいますし治癒してくれるはずです。彼が望んでいた、皆が平穏に生活する魔界の完成を見届けて欲しいですね。










-七つの大罪

Copyright© 漫画おまとめさん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.