七つの大罪

七つの大罪306話ネタバレ考察『リュドシエルの死‥メリオダスの呪い』

投稿日:

七つの大罪306話ネタバレ考察です。

前回305話では、『聖戦ここに決着!』ということでついに魔神王を女神族とあとはゼルドリスの強力もあり倒すことに成功しました。体を乗っ取られていた子供メリオダスも戻ってきていよいよ最終回か!?という流れでの306話です。

 

七つの大罪306話

各地で魔神たちが撤退が始まっていました。

襲われかけていた ブリタニアにあるリオネス王国の国王バルトラも魔族に攻撃される寸前で助かっていました。久しぶりに登場しましたね。バルトラといえばエリザベスが血は繋がっていない養子とはいえ実の子供のようにかわいがられていました。

そんな父バルトラが助かってエリザベスも喜んでくれるはずです。

しかし実はエリザベスにも命の期限が迫っています。

スポンサーリンク


エリザベスは死ぬ覚悟

そもそもメリオダスの戦いは、死んでは記憶をなくして生き返るエリザベスにかけられた輪廻の呪いを解除するために始まりました。

メリオダスが魔神王の戒禁を取り込むことに成功していれば呪いを解除できたのですが、結局倒す他どうしようもない状況に追い込まれてしまいました。聖戦には勝利しましたが、メリオダスは目的を果たせなかったことになります。

つまりこのままいけばエリザベスは死んでしまうのです。

そしてエリザベスは既にその覚悟ができていました。悲しいですが他に選択肢がないため、マーリンやキングやバンなどは特にこの判断に反対が無さそうでした。

しかしここでメリオダスが声を上げていました。

 

メリオダスはエリザベスを死なせない

どうやらメリオダスは、煉獄を脱出するときに呪いを解除する方法を見つけたらしいのです。メリオダスの考えはうまくいき、マーリンの力を借りてエリザベスの輪廻の呪いと、メリオダスにかけられた永遠の命の呪いを解くことに成功。

二人は無事に安息の時間を手に入れます。「約束を果たした後もずっと私を好きでいてくれる?」ともじもじしながら言ったときのエリザベスのかわいい表情は必見です。

ちなみに魔神王と戦い命を落としてしまった弟ゼルドリスにはノータッチでした。後で思い出したら供養してくれるんでしょうか。(ワンチャンゼルドリスも生きてるかもしれませんが‥来週以降のエピローグで明らかになるでしょう)

 

リュドシエルも死亡

マエルの兄貴リュドシエルも精神体のままがんばってくれていましたが最終的には消滅してしまいました。

あんなに魔神族に憎しみを持っていたリュドシエルですが、最後は少し考えが変わったようで、魔神族と女神族の共存を口にするなどして仲間たちを驚かせていました。永遠の別れとなってしまいましたが、マエルやヘンドリクセンに愛され幸せな生涯だったように思います。

307話はエピローグ1というタイトルのようです。1というナンバリングがあるということは2やら3があるということですが、恐らくこの感じだとエピローグをもって7つの大罪は最終回ということになりそうです。

ただ人気作品なので一区切りということで、スピンオフや2部が始まる可能性はあると思います。とりあえず今は七つ大罪の終盤を見守りましょう。










-七つの大罪

Copyright© 漫画おまとめさん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.