ワンピース

ワンピース916話ネタバレと考察「お菊を守らない宣言のゾロ」

投稿日:9月 3, 2018 更新日:

ワンピース916話ネタバレと考察です。

前回915話では、敵の親玉ホールデムの前にかわいいお玉が連れていかれ、頬っぺたを無理やりペンチでちぎられる寸前!!ルフィとゾロ一向はお玉を助けるため博羅町に向かうのですが、以前お菊を口説いていた横綱力士の浦島に行く手を阻まれます。お玉を救うため急げルフィ!

 

ワンピース916話

求婚していた力士浦島は、お菊がてっきり自分のためにもどってきたと思いきや、お菊はまるでそんなつもりはなく、それどころか力士にとって命に等しいであろうマゲを切られてしまいます。

「女にフラれた上に・・マゲを切られた」浦島の恐ろしさを知る住民は恐れおののきます。

 

横綱はデブでもモテる

「お菊ぅ~~~俺を裏切ったなぁあ~~~!!?」太っているのにモテる男みたいですね。

これまでと打って変わって鬼神の形相でブチ切れる横綱浦島。小泉首相が見に来た時に優勝した時の貴乃花みたいな鬼の形相です。

ちなみに直前には

泣いていましたw 求婚からのマゲを切られて涙してブチギレ。色んな表情を見せてくれましたが、我を忘れてお菊に襲い掛かります。

お菊は「人前で拙者何てことを・・・」「ーでもやっぱり女に手を上げる程度の男・・!!」

この期に及んでまだ煽るお菊w

切れた浦島は『彼岸張手』という必殺技をお菊に繰り出します。

「死にさらせ!!身分卑しき下人の女がぁ~~~」清々しいぐらいの悪党浦島!

スポンサーリンク



ルフィvs浦島

とそこにゴムゴムのつっぱりで助けに入るルフィ。さすが主人公。

この張り手パワー対決は互角で、お互いによろめきます。ルフィを知らない観客は横綱と互角の状況に「誰だあいつ!!」と驚いた様子。

普通に戦うのかと思ったら、何故か土俵から出ないよう耐える浦島。一応相撲中だったみたいです。ここ面白いw

ルフィもなんとか土俵際で耐えます。

 

お菊は美人だが・・・

お菊は本当かわいい。ここへきて新たなニューヒロイン誕生でしょうか。(但し男説が!)

どっちも耐えて相撲対決は仕切り直しへ。(ただの喧嘩だと思ってましたw)

浦島は「何だっぺ。今俺の張り手に何をした。そこをどけ!俺はお菊をバラバラにしねえと、面子立たねえ!!」全くもって怒りが収まっていません。

ルフィは俺に勝ったらなと勝負を挑みます。

「俺相撲得意だからなあ~~」www相手横綱だぞ?w

お菊だけでなくルフィにもキレた浦島は「菩薩張手」というネテロ会長の菩薩みたいな連打ででルフィを襲いますが、ルフィは逃げ回ります。(張り手何種類あるんだろうかw)

逃げ回るだけのルフィを観客は笑いますが、浦島は耳潰しや目潰しといった攻撃を繰り出し、徐々にボルテージが上がってきます。

 

お玉が人質に

ホールデムと捕まっちゃったお玉

お玉ちゃんほっぺw え~~んって言ってるけど案外ホールデム優しいのだろうか。まだつねったままのようです。

「ひひは返しますから!!」泣いて詫びるお玉ですが、『ワノ国を滅ぼそうとした光月の名を口にしたら許さん』とほっぺたぎゅうぎゅうしてお団子をとろうとします。

「どけチビ!お菊は取り返しのつかねえ事としたっぺ!!士族の俺の嫁になって従える名誉をけり・・・侮辱した。能を割って見せしめにしてやる!!」

我を失っている浦島をよそに、腕を遠方まで振りかぶるルフィ

バチィン!!ルフィのゴムゴム張り手がまともに炸裂。はるか遠くまで吹き飛ばされた浦島を見て、ようやく観客はルフィの強さを認め、近くにいた男が「お奉行斬りの男、ゾロ十郎」である事にも気付きます。

 

ホールデムvsルフィ

騒ぎ始める博羅町の町民。横綱は次場所休場でしょうか・・・w

町民をかき分け、用心棒らしき男たちがルフィ達に襲いかかります。

ww バツが悪そうに口をすぼめるお菊。

ゾロは完全にお菊の強さに気付いている様子で、援護はしないと突き放します。どの段階で気付いたんでしょうか。

ルフィもお菊もゾロも暴れまわり敵を蹴散らします。

「ホールデム様!!」

とうとう大ボス登場。「出てきたな!?」「出てくるしかねえだろうが!」粋な登場の仕方でしたが、腰のライオンにお玉を咥えさせているのはいただけません。

「ひとまず動くな。こっちはいつでも噛み砕ける状況」ルフィを脅すホールデム。

「アニキ・・・」涙目でルフィを見つめるお玉ちゃん。

全員集合でホールデムとルフィの対決、お玉を無事救う事ができるでしょうか!そしてお菊はいつ自分の正体を明かすのか。916話はここまで。917話に続きます!










-ワンピース

Copyright© 漫画おまとめさん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.